ウーマン

芝生の種類や特徴を理解する|これが私流のガーデニング

用意するもの

畑

野菜苗とは、その名の通り野菜の苗のことを言います。正しい植え方、育て方さえ分かっていれば一般家庭でも問題なく育てられることから、全国的に認知度も人気も高い苗です。野菜苗を植えるときは、正しい植え方を覚えるのと同時に、必要最低限の道具も用意しておきましょう。用意しておくものは主に4つあります。1つは紐です。ロープ、もしくはメジャーでも構いません。これは植え付けの位置を決める際に使用します。2つめはマルチ穴あけ機です。ただこれは穴無しマルチを使用している方のみ必要となるので、もともとマルチに穴が空いている場合は用意する必要はありません。3つめはスコップ・ジョウロのセットです。この2つは苗の植え付けに使用します。そして4つめに必要なものは支柱と紐です。この2つは苗を支柱に固定するときに必要となります。この4つのものさえあれば、野菜苗の植え付けを問題なく行なえるでしょう。

野菜苗と一口に言っても、その種類は実に何十種類以上もあります。その中でも特に人気があるのがきゅうりの苗です。数ある野菜苗の中でもとりわけ育てやすく、かつ成長度合いが目に見て分かるので、育てがいは抜群です。きゅうりを上手に育てるにはいくつかのポイントがあります。まず、きゅうりを育てるときは土の乾燥を防ぐために敷きわらを敷いておきましょう。きゅうりは他の野菜に比べ根の分布が浅いためです。また、きゅうりは茎葉の組織が弱いので、茎が風で折れてしまわないよう、支柱にうまく誘引させるよう工夫しましょう。これらを意識すれば、上手に育てられるはずです。